おでかけ・グルメ

九州の温泉旅行!子連れにお勧め。黒川温泉!

投稿日:2014年5月2日 更新日:

 第1子が生まれて、早4年。
上は4歳。下は1歳。

 いよいよ2人は、外食を
できるまでに、成長しました。

「そろそろ行けるかな?」

というわけで、

ずーっと行きたかった温泉旅行に
行きました^^

九州熊本県の黒川温泉という
ところです。

選んだ理由は、

「ミシュラングリーンガイド」で
2つ星を獲得しているから。

温泉地として2つ星を獲得しているのは、
異例のようです。

で、行った感想ですが、


今までの旅行で一番最高でした!


その異次元の雰囲気と、子連れへの
おもてなしが嬉しかった。

これらすべては、

 「黒川温泉イズム」

がなしえる技と解釈しています。

 これを読んでいるあなたにも、
今後、是非訪れてほしい場所です。


異次元の雰囲気


 ミシュランに評価されている点は、
この雰囲気だと思います。


行ってみれば、一目瞭然。


近くにある、別府、湯布院温泉などと比較しても、
別格の雰囲気がありました。

「黒川温泉一(いち)旅館」

というキャッチフレーズを基に、温泉旅館全体が協力し、
細かなところまで、徹底して「黒川温泉らしさ」を創る
取り組みが1994年からずーっと行われています。

 そんなことが背景にあるようです。

見た目で言えば、
交通標識一つにしてもこんな感じ。
02 - 7
カラーコントロールされていて、統一感があります。
非日常的な雰囲気があって、私は惹かれました。

特に、旅館「わかば」から旅館「湯本荘」までの
通りは、雑貨屋さんや、食事処も集まっており、
好きな通りの一つでした。

また、その途中にある「ふじ屋」という旅館。
「千と千尋の・・・」の題材になったとか、
ならなかったとか。本当、出てきそうです。

02 - 19

こんな感じも大好きです。
言わずもがなですが、下駄で歩く、
夜の黒川温泉も最高です。

子連れには?


 ここまで、徹底されると、子連れの私が思うのが、

 「子供のマナー」

 ここを訪れるお客さんたちは絶対、
このゆったりとした大人の雰囲気をしっとりと
楽しみたいはず。

だから、子連れの私にとっては、
素晴らしい雰囲気になればなるほど、
敬遠しがちでした。


でも、実際は、
「親も気にせず楽しみたい」のが本音です。


今回、宿泊したのは、「わかば」という
旅館でしたが、そういう点に対しての気配りが
嬉しかったです。

 何が良いか?

 雰囲気のある老舗旅館って、正直、
子連れにとって敷居が高かったイメージありました。

でも、そうではなかったんで、嬉しかったんです。

「親でも楽しんでいいんだよ。」

って言ってくれているようで嬉しかったんですね。
きっと、これも「黒川温泉らしさ」を追求した結果だと
私は思っています。

例えば、こんな感じです。

旅館の温泉

 「露天風呂で子供がはしゃぐ。」

 ありがちです。他のお客さんに迷惑かけてしまいます。
男風呂は、川のせせらぎを聞きながらの寝湯もありまして、
もう安心できません。


 でも、大丈夫でした。


 家族だけで入れるとってもいい家族風呂。
 ありました。
 

 全面こげ茶色の木で覆われた、
ノスタルジックな雰囲気の家族風呂。


家族風呂って、私の経験上あんまり
いいイメージなかったんですが、


他のお風呂と比較しても全然引けを取らず、
むしろ家族で得した気分です。


何も気にせず、雰囲気に酔うことができます。


お風呂上がりの無料のかき氷も
なんだか癒されます。


もちろん、早朝に一人で露天風呂を楽しめば、
日ごろの疲れも、さらに解消されることでしょう。


部屋割りの配慮


 子供は部屋で必ず騒ぎます。
突然フロントから電話で、

 「お隣さまが・・・」

ありがちです。でも、今回その配慮もありました。

別館の和室に泊まりましたが、周りの宿泊客を
見ると、みんな子供や赤ん坊のいる子連れ。

 子連れ同士なら、お互いさまということで、
何も気にせず、安心して宿泊もできました。

 何気ないかも知れませんが、配慮してくれるのと
してくれないのとでは、大違いです。

まとめ

 ちょっと大げさな表現にも聞こえたかもしれませんが、
黒川温泉は、子連れの親に特におすすめです。

「長期連休なのに、気疲れで疲れが溜ってしまう」

なんて方。

黒川温泉で、疲れを癒してはいかがでしょうか。


-おでかけ・グルメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

森と共生!ツリーハウス作りと自然体験に子供とお出かけ!(関東編)

 私には、2歳と4歳の子供がいますが、二人ともTVと携帯が大好きです。  保育園から家に戻ってくると、まず第一声が『なんかTV見たい!』です^^; さらにTVに飽きると、今度は携帯でYoutubeを見 …

まるでライステラス!?千葉の穴場スポット「大山千枚田」が面白い!

 「今週末は、なんだかゆっくり過ごしたい。」  そんなスローライフ楽しむため、さっそく本を買いに行きました。 ◆千葉の森カフェ ◆死ぬまでに行きたい!世界の絶景(日本編)  お店の店頭に置かれていた2 …

2018ゴールデンウィーク !北陸新幹線の混雑ピークは?

 そろそろ、2018年のゴールデンウィークの計画を立て始める頃ではないでしょうか?  今年は、沖縄?北海道?思い切って海外?  いやいや、今年こそ北陸新幹線でしょ!!  ピークは過ぎたもののまだまだ混 …

ベビーカーでも行ける!家族に優しい高尾山!子供たちと登山を楽しもう!

 高尾山といえば、富士山と同様、ミシュランで三ツ星に認定された観光地ですね。  ついこの間も、このミシュランガイドを参考に、熊本の黒川温泉に旅行に行ったんですが、そりゃーもう評価通りの場所でしたので、 …

憂鬱な夏こそ鍾乳洞へお出かけ!夏休みに子供とヒンヤリ探検しよう!関東-奥多摩編

 暑くて、湿った夏の季節。 そんな時でも、子供は元気いっぱいです。 夏休みともなれば、遊びたくって遊びたくってウズウズしています。 一方、大人たちは、寝苦しい夜で体は疲れ、重くだるい。 外に出れば汗が …