暮らし・アイデア

夫婦喧嘩を減らす方法!きっかけを作らない3つのポイント!!

投稿日:2014年5月4日 更新日:

「あの頃は本当幸せだったのに、今では喧嘩ばかり・・・。」


残念ながら、少なくない話です。夫婦喧嘩は、溜まったストレスを発散させる良い機会でもありますが、余計な喧嘩は良い結果を生みませんね。


我が家では、喧嘩すると、会話放棄、家事放棄、育児放棄が始まります。


お互い強情な性格のため、この不便な生活が2、3日ぐらい続きます。喧嘩している本人たちはしょうがないとして、とばっちりを受ける子供はいつも可哀想です・・・


Sponsored Links



子供のためにも、喧嘩を減らす方法はないでしょうか?


そこで、夜な夜なネットや本で調査したところ、なかなか面白いことが分かってきました!!それが今回の話題である ”男と女の根本的な違い” です^^;


「あなたは何でいつもこうなの?全然分からない」
「お前はいつもそんなことばかり。なにが気に食わないんだ」


など、こんな言い合いから始まる喧嘩は、この男女の根本的な違いがきっかけになっていることが多いです。相性だけで話を片づけてしまい、絶望するのは、ちともったいないです。


知っているか、いないかで、大きく夫婦関係が変わりますよ。今回は、3つの大きな違いにフォーカスしています。この三大要素を理解して、喧嘩を減らしていきましょう!


喧嘩の原因その1 PMS(月経前症候群)

生理痛  男性は、まず最初にPMS(月経前症候群)を理解すべきでしょう!


  PMSとは、女性の生理前10日ぐらいから始まる症状で、ホルモンバランスが崩れて起こる体の変調です。

 この時期はイライラしたり、落ち込んだり、怒ったり、悲しくなったりしやすくなります。この変調は14日ぐらい続きますので、女性は月の半分がこの不安定な状態なんですね。


 よって、これを理解せずして、家庭円満はありえません。


 どんな感じなのかは、男性には無い感覚のようで分かりにくいようですが、だいたい1のことが100に感じられるようなイメージです。


女性側も、理性はあるようで、怒鳴ってしまった後はとっても後悔するようですが、瞬間的な感情の沸騰は、ほとんど制御することができないようです。


だから、2週間は、「モンスター」として扱ってあげてください。


変身するものだと分かっていれば、嫁のそういう発言も温かく、寛大に見守ってあげられると思います。


喧嘩の原因その2 帰宅後のコミュニケーション

女子会 女性は全般的におしゃべりが好きです。女子会はあっても男子会はありませんw

 それは、理屈的にも正しいようで、女性は男性に比べ、左脳の言語中枢が発達しており、男性の約2倍話す能力をもっているためです。


だから、嫁は今日感じたことをすぐに表現したい!共感したい!気持ちでいっぱいであるため、夫の帰宅を手ぐすね引いて待っているわけです。


しかし、男性は、それに反した特徴を持っています。


面白いことがあれば会話もしますが、そうでなければ、特別会話はしません。それよりも、家は、プレッシャーから解き放たれ、勝手気ままに疲れを癒す休息の場所としたいと思っています。


この違いが喧嘩のきっかけとなります。


嫁:「今日はどうだった?」
夫:「別に何も・・・。」
嫁:「あっそ(怒)」


明日の朝飯が心配ですねw そうならないために、男性は帰宅後15分はコミュニケーションの時間を作りましょう!


帰宅後15分までがお仕事です。気を抜かず、会話をしてスッキリさえてあげましょう!男性から、「今日どうだった?」なんて声をかけるとなおさらGoodですね!


喧嘩の原因その3 言葉で伝える

 女性に「愛してる」「好き」って言ってますか?
 男性に「ご苦労様」って言ってますか?


とっても照れくさいし、恥ずかしい言葉ですが、思った以上に伝わっていないことはこれまでもお話した通りで、それは、男女の違いに起因していることはお話した通り。


だから、とっても分かりやすくシンプルな「言葉」に出してで表現してあげましょう!この「愛の言葉」は、愛情タンクを満たし、喧嘩も起こりにくくなるでしょう。


ここで、「愛の言葉」をかける上で、相手をより気持ち良くさせるポイントも押さえておきましょう!ポイントはこれです!


女性は、


「誰よりも大切にされたい。」
「誰よりも幸せになりたい。」



気持ちを満たしてあげること。男性は、


「賞賛されたい。」


気持ちを満たしてあげることが、とっても重要です。


時々、飲み会後、「おみやげ買ってきたよ」ではついで感が否めず、十分ではありません。「ここのおみやげが美味しいって聞いたから買ってきたよ」とか「今日は飲み会だったけど、断ってきたから、外食いこう!」とか。


そういう表現が女性にはグッときて愛が満たされます。


また、男性は、家庭を守るために、密かにプレッシャーを感じながら、仕事を頑張っています。そして、「頼られる」ことがとっても好きです。大いに賞賛してあげましょう!


意外にタブーなのが、「それ、私のお母さんに聞いてみる」とかです。こんなに頑張っているのに、頼られない悔しさ、不甲斐なさを重く感じ、プライドをズタズタにします。


だから、「あなたがいるから本当助かる」「今週は忙しいそうだから、土曜日はゆっくりしてきたら」などの賞賛の表現が男性にはグッときて愛が満たされます。


おわりに

3つのポイントをおさらいしましょう!

  • PMS(月経前症候群)
  • 帰宅後のコミュニケーション
  • 言葉で伝える

少し私の主観も入ってしまってますし、皆さんの状況を少しずつ違いますので、みなさん全員に当てはまるかどうかは分かりませんが、もし、共感できるような内容があれば、是非参考にしてみてください。


お互い頑張りましょう!


-暮らし・アイデア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

子供におすすめツーブロック!失敗しない切り方ポイントとは?

 我が家には2歳と4歳の子供がいます。  子供ってどんどん大きくなりますよね。最近は特にそう感じます。今月は、食費が4万円を超え、洋服の買い替え時期も重なり、出費の多い月となりました。子供の成長と共に …

no image

リノベーション業者の選び方。メリットとデメリットの徹底比較。

今回は、リノベーション業者の選び方です。 業者にもいろんなタイプがあります。 ・大手ハウスメーカ系 ・設計事務所系 ・デザイン工務店系 それぞれメリット、デメリットがあります。 私は、設計事務所系のリ …

マンションの防音対策!子育て世代も安心!床仕様とは?

はじめに  マンションをリノベーションする際に、私たちが特に気を使ったのが、 床の防音対策です。 リノベーションを検討し始めた時、子供は、2歳児が1人、お腹の中に1人でした。 当時は、1階に住んでいた …

絶賛!塩ゆでそら豆!その選び方、ゆで方のコツとは?

はじめに この前、居酒屋で食べた、塩ゆでそら豆が究極に美味しかったんです! 柔らかくて、苦味がなくて、程よい塩加減で。 実際、子供の頃にも何度か食べたことはあります。 その頃は、まだまだ子供だったため …

住宅購入!私が中古マンション+リノベーションを選んだ理由。

 最近、住宅のリノベーションに関する関心が高まっていますね。  私も、その波に乗り?2年前に中古マンションを購入。 半年かけて、リノベーションに挑戦しました! でも、リノベーションって情報量結構少ない …