暮らし・アイデア

夫婦喧嘩を減らしたい人必見!夫の変な言動を理解するには?

投稿日:

 先日は、夫婦喧嘩を減らすために、男女の違いを理解しよう!という内容でお話しました。おさらいすると、

  • PMS(月経前症候群)はモンスターに変身
  • 帰宅後のコミュニケーションは15分
  • 必ず言葉で伝える

です。どちらかと言うと、女性を中心にした内容でした^^;


そこで、今回は、男性中心でお話しようと思います。私は男なのであまり実感ありませんが、女性から見ると、男性はだいぶ特殊な生き物のようですねw


Sponsored Links



例えば、恋愛時代と結婚後のギャップとか。


恋愛時代は、毎週のようにデートの計画したり、誕生日にはサプライズの贈り物をしたり、いつも面白い話題で楽しく振る舞ってくれたりしていた夫が、結婚すると、ガラリと様子が変わってしまった!!


「何なのよ・・・」


変わり果てた夫。一緒にいればいるほど、どんどん夫が分からなくなり、イライラし、喧嘩が勃発します。でも、夫からしたら、決して愛が冷めた訳ではなく、意地悪したい訳でもないので、青天の霹靂です!!


これって、すごくもったいな~い気がしますよね。


もっと、お互いを理解できていれば、起きなかった喧嘩です。今回は、そんな隙間を埋めるべく、男という生き物を理解する3つのポイントについてお話します。


この三大要素を理解して、喧嘩を減らしましょう!


男とは?その1 帰宅後の会話

夫が仕事から帰ってきました。大した会話をすることもなく、ご飯を食べながら、スポーツニュースを見てます。


「ちょっとした話ぐらいないの!!?(怒)」


どこでも見る展開ですね。どこでも見る展開だからこそ、問題は、あなたの夫だけでなく、男という生き物にあるんです!!


戻りまして、男性がこの時どういう気持ちか、前回もちょっと触れました。男性は、特別面白いこと、嫌なことがあれば会話を始めますが、そうでなければ、始まりません。


それよりも、どちらかと言えば、家は、プレッシャーから解き放たれ、勝手気ままに疲れを癒す休息の場所としたい気持ちの方が強いです。


親父の背中 男性は、あなたが思っている以上に家族を養わなくてはいけないという責任感を持って働いています。


口には出さず、背中で語る男の美学


「そんなの言ってくれればいいじゃん!」って思うかもしれませんが、プライドが許さないんです。女性にはなかなか理解できない話ですね。

だから、やっとそのプレッシャーから解放され、ホッと一息ついたところで、あなたから放たれた一言は、ちょっと心無い感じもしますよね


だから、まずは、ねぎらいの言葉をかけてあげましょう。そして、その姿勢を、褒めて、賞賛してください。話はそれからです。


男とは?その2 謝ろうとしない

 男は、プライドが高い生き物です。そして、ヒーロになりたい気持ちでいっぱいです。ヒーロはいつも正義ですから。謝ることなんかありません^^;


ある時、私が、床に置いてあった子供の大事なおもちゃを踏んで壊してしまいました。


すると私は、「なんでこんなところに置いてあるんだ!」叫びます。素直に「ごめん」を言うことができません。それどころか、自分を正当化したりします。


イライラしますよね。


ヒーロー と言いつつも、自分に非がある場合は、「悪かったな・・・」と反省しています。


しかし、一度正当化しまった手前、「プライド」が邪魔します。それほど、男性は、プライドの優先順位が高く謝らないでしょう。

こんな時は、悲しい顔で対抗しましょう!


「どうしてそんなこというの・・・。子供はあなたに見せたくってずっと残しておいたおもちゃなのよ。それなのに・・・。」


ここまで言われると、プライドどころではありません。ヒーローは、子供やあなたの悲しい顔を見て、きっと、自分を強引に正当化したことを悔やみ、罪悪感を感じ、思わず、ごめんと呟くでしょう。


男とは?その3 自由な時間が必要

 夫のこんなところありませんか?


「なかなかトイレから出てこない。」
「行き先も伝えず、突然いなくなる。」
「連絡が雑」


こんな夫に嫌気を感じている嫁は多いのではないでしょうか?


実は、これも男性の特徴です


先ほども少しお話しましたが、普段は、家族を養わなくてはいけないというプレッシャーを感じながら、気を張って生きているので、どこかで、休息する場所が必要です。


リラックス 通常は、「」なんですが、騒がしく居心地の悪い場所になってしまうと、上記のような行動が始まります。落ち着く場所が必要なんですね。


 こういう場合、ルールを決めるのが一番でしょう。自由に時間を与えてしまうのは、ちと甘やかしすぎかと思いますので、お互い、一人の時間を持つルールを作りましょう。


 男性は、時間さえ貰えれば、それ以外は頑張れるといった都合のよい特徴も見られます。あなたも時間がもらえるわけですから、よい解決策かと思います。


おわりに

 さて、最後にもう一度おさらいしましょう!今回のポイントは、この3つです。


「男性は特別なことがないと会話しない」
「男性はあやまらない」
「男性は自由な時間が必要」


私、これを書きながら、先日のキャバクラのことを考えていました。上司にキャバクラに連れて行ってもらったんですが、そこのママは、上司を引き込むのが上手なんですよ。やっぱり、


「男をたてる」「仕事のねぎらう」


これなんですね。


 上司はニコニコしならがおしゃべりを続け、ヘネシーを頼んでいました^^;さすが、男を熟知してるなーと思いました。世界的に見ても、日本人はキャバクラが好きですよね。それって、実は、日本人が愛情不足であることを表しているのかも!?


みなさん全員に当てはまるかどうかは分かりませんが、もし、同感できるような内容があれば、是非参考にしてみてください。


-暮らし・アイデア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

リノベーション業者の選び方。メリットとデメリットの徹底比較。

今回は、リノベーション業者の選び方です。 業者にもいろんなタイプがあります。 ・大手ハウスメーカ系 ・設計事務所系 ・デザイン工務店系 それぞれメリット、デメリットがあります。 私は、設計事務所系のリ …

no image

子供の携帯料金を抑えたい。おすすめは、通話料定額制度!

はじめに  文部科学省調査によると、今や高校2年生になるとなんと、 95.9%!! が携帯を持っているとの結果。 ミドリ電話から、ポケベルに、必死にメッセージを 送ってた時代が懐かしい・・・。 もう高 …

絶賛!塩ゆでそら豆!その選び方、ゆで方のコツとは?

はじめに この前、居酒屋で食べた、塩ゆでそら豆が究極に美味しかったんです! 柔らかくて、苦味がなくて、程よい塩加減で。 実際、子供の頃にも何度か食べたことはあります。 その頃は、まだまだ子供だったため …

梅雨の自転車通勤も平チャラ!中国発!濡れないレインコート

 そろそろ6月。梅雨ですね。大体週に2、3日は必ず雨です。自転車通勤・通学者には何とも憂鬱な季節です。 私も通勤のため、最寄り駅まで15分ほど自転車に乗っていますが、雨の日はビショビショなることが多く …

意外と知らない!?奨学金繰り上げ返還で小金を稼ごう!!

 突然ですが、日本学生支援機構の「報奨金制度」をご存知でしょうか? 「報奨金制度」とは、奨学金を繰り上げ返還すると、キャッシュバックが 受けられる制度のことです。 –その額は、繰り上げ返還 …